企業情報

ご挨拶

想いをカタチに

僭越ではございますが、私たちが創業以来大切にし続けてきた三つの想いについてご紹介させて頂きたいと思います。

  • 徳を以て慶びと為す

    徳とは、「社会に対して価値のある企業として活動し続けることのできる能力」。その能力を有することで、お客様をはじめとする
    私たちと関わりを持って頂いているすべての方々を幸せにしたいとの強い想いから、創業者によって社名が命名されました。

  • 利は幸せの総和

    「日々お客様へ幸せをお届けすること」が私たちの使命であり、利益とは、「お客様が感じて頂いた幸せの大きさである」と考えております。

  • 人のもたらす力は無限

    これまで世にもたらされてきた様々な価値は、「人」によって生み出されてきました。 私たちは人の持つ無限の能力を信じ、
    常に私たちでしか提供できない新しい価値をみなさまにお届けしたいと思っております。

  • 三つの想いを実現させるために何ができるのか。
    創業当時、欧米化が加速していた日本の姿を目の当たりにしていた創業者が昼夜問わず考え続けた末、「今後、人々は心のよりどころとして日本文化を見直し、日常の喧騒を忘れ、 心遊ばせる場所を必ず求めるはずである」と確信し、お客様に日本料理の素晴らしさを可視化したお料理と、お食事を心から楽しむことのできる空間を提供することを決断しました。

  • あれから半世紀。
    私たちは創業当時の経営精神を受け継ぎ、伝統と革新を融合させた、私たちにしか創りだすことの出来ない世界観を具現化し続けてまいりました。

  • これからもたゆまぬ努力と真摯な精進を重ね、みなさまにとって常に価値ある企業として存在し続けていきたいと思っております。
    今後とも変わらぬお引き立てのほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 加藤泰三

PAGE TOP